合同会社日本鉄道マーケティング

4.著書 希望のレール 若桜鉄道の「地域活性化装置」への挑戦

日本鉄道マーケティング代表 山田和昭の著書

2014年若桜鉄道公募社長就任、2015年SL走行社会実験、2016年隼ラッピング のエピソードと、実施背景・理論について触れられています。

希望のレール

内容説明

マーケティングの成功実例がここに! 若桜鉄道は、鳥取県東部の山里・若桜谷を走る第3セクターで、沿線に有名観光地はなく、過疎化、少子高齢化、そしてモータリゼーションの発達で経営は危機に瀕していた。そこに公募社長として東京から単身赴任で乗り込んだのが、著者・山田和昭氏である。外資系IT企業でのマーケティングやブランディング、地域鉄道会社の業務支援といった経験を生かし、全長19.2キロ、社員18人、保有車両4両という小さな鉄道会社の立て直しに挑み始める。2015年4月の「SLの走行社会実験」、2016年3月の中間駅名とスズキのバイク名にちなんだ「隼ラッピングカー」etc――地域と二人三脚のリアルな実践例は、鉄道ファンのみならず必読!

目次

1 そしてSLは走った―地域を挙げての「社会実験」は、なぜ成功したのか(“里帰り”したSL;鉄道遺産が「物語」の幕を開ける ほか)
2 好きなことを仕事にする―“鉄ちゃん社長”の誕生(公害問題が“鉄ちゃん”への入口だった;なくなる路線を見ておきたい ほか)
3 地方だから、できること―「地域活性化装置」を目指して(情と理―「地域」と「都会」の文化の違い;「誰もが何でもやる」社内文化 ほか)
4 希望のレール―人をつなぐ、地域をつなぐ、時代をつなぐ(営業とマーケティング;事業戦略をフローで小分けに考える ほか)

書籍仕様

  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 祥伝社(2016/09発売)
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784396615765
  • NDC分類 686.217
  • Cコード C0034

書評

読書メーター

Amazonレビュー

販売サイト(書店取寄可能)

amazon (kindleあり)

紀伊国屋書店

Yodobashi 電子書籍「Doly」版

Rakutenブックス

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-6717-0448 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせはこちら
    TEL 080-6717-0448
    受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)
  • facebook
  • お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせはこちら
    TEL 080-6717-0448
    受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)
Copyright © 合同会社日本鉄道マーケティング All Rights Reserved.